スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NovelsM@sterとim@s架空戦記シリーズについての戯言

界隈の中心(愛識P)
ノベマスについて考えてみる。その1(dbdbP)

などなどの記事でノベマスとは何ぞやと言っているので私もちょっとだけ考察。
かなり主観の入った、「ぽんこつ式分類法」ではありますが、まあ、参考までに。




私の中でこれらの分類は、「作成者が何を魅せたいか」に終始すると思うのです。
例として都合がいいので、私の【アイドルマスター×サナララ】、通称アイサナシリーズをピックアップして語ってみたいと思います。
ご存知な方はご存知なように、アイサナはゲーム『アイドルマスター』と18歳未満には出来ないゲーム『サナララ』のコラボ作品であります。よって、大百科的定義で言えば『NovelsM@ster』のタグと『im@s架空戦記シリーズ』のタグ、どちらも付けることができます(実際、1章1話には両方付いてたりしますがw)

ですが、私個人としてはアイサナはNovelsM@ster寄りの作品だと思っています。
その理由は、「アイマスとサナララのコラボ分を主として魅せたいのではなく、1つの物語として見てもらいたい」という思いがあるからです。
im@s架空戦記の定義の1つに、アイマスと何かしらの原作モノとのコラボであることが含まれていることから、私は「コラボ分を楽しむ」事を主として置いている作品群を『im@s架空戦記シリーズ』だと捉えています。対して、『NovelsM@ster』は純粋に、「物語・小話・会話劇等を楽しむもの」と捉えています。
まあ、アイサナだってサナララ色がそこそこ強いですし、原作を知る方にも割と楽しんでいただけたようなので、見る人が見れば架空戦記なのでしょう。私もコラボ分だってかなり意識してましたし。
しかしまあ、元ゲー<物語という思いの比重で作者が作った以上は、ノベマスなんじゃないかな、なんて思うわけです。故に、私はNovelsM@sterタグをロックしています。視聴してくれた方が、架空戦記らしさを感じてくれたのならじゃんじゃんつけてくれてもかまわないのですがw

私にとってのNovelsM@sterは、『物語』にウェイトを置いたテキスト中心のMAD作品です。
そこにある物語が会話劇だったり、主人公の一人称による語りだったり、小話だったり…様々な形があるとは思いますが、作成者が自作の何処を見てほしいのか。何処を軸に作成したのか。そういうことは、割と大事じゃないかなって思うのです。

…なんか乱文ですね。でもまあ、こんなところで。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ねこようじP

Author:ねこようじP
ぽんこつノベマス民です。にゃうん。
ひっそりと動画公開中。
あとリンクフリーにて候。でもメールかコメントで通達していただけたらなと。
neko.youjiあっとまーくgmail.com
スカイプID:nekoyouji

アイコンは『サナララ』より、のぞみ先生。
ぽんこつさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。